足と靴の「神秘」の虜になっている件

気がつけば靴を初めて作った時から10年が過ぎているのではなかろうか。
たまたま家の近所に靴を作れる教室があったのがきっかけだったけれど、それからこの道に進むことになったのは、思い返してみれば、靴は買うもの、足は靴に合わせるもの、という神話から自由になったのが、殊の外、楽しかったからに違いない。

靴とは関係ない本(のつもりだった)を読んでいたら「靴を履く人にとって自然な歩行は物理的に不可能である」(ウィリアム・ロッシ博士※)という記事があるらしいことを知り、ただごとではないけどやっぱりそうだよね?と気になって、ネットで探してみたら、その文献も含めていろいろ見つけることができました。

その中で、「足と履物についての17の神話」というのがたいへん響いて…全文翻訳して載せたいくらい。
17 Common Foot and Footwear Myths, by William A. Rossi. Footwear News (August 9, 1999).

博士は、履物産業は自ら作り出した17の神話(靴は足をサポートする必要があるとか、硬い地面が故障を引き起こすとか、ジャストフィットが最適とか、尖ったつま先の靴が不具合を引き起こすとかとか・・・)を、消費者に信じこませているうちに、自らもその神話を事実としてしまっていると言います。

How long will it continue? Forever. After all, who would kill the goose who lays the golden eggs?

それはいつまで続くでしょうか?永遠です。結局のところ、誰が黄金の卵を産むガチョウを殺すでしょうか。

So what better way of doing this than keeping the myths alive, so that we believe the myths as facts as much as we’ve trained consumers to do.

私たちが消費者に教え込んだのと同様、私たち自身も本当のこととして神話を信じ込んでいますが、これらの神話を生かし続けずにすむ良い方法はないでしょうか。

翻訳あってるかな?我が身を振り返り、どうやら10年前とは違う神話にとらわれているようなので、いたく反省することとなりました。願わくは、ありとあらゆる神話から自由になりたいものです。

※ウィリアム・A・ロッシ、「プロフェッショナルシューフィッティング―靴合わせのプロ」「エロチックな足―足と靴の文化誌」なんかを書いている人でした。

ワラーチづくりワークショップ

Huarache (running shoe)
タラウマラ インディアンからアイデアを得た走るためのサンダル。

ワラーチとは、踵周りと足の甲の上を通すストラップによって、靴底を履く人の足に固定する屋外用の履物です。このサンダルはメキシコの伝統的なワラーチの変種で、デザインと作り方に違いがあります。
これらのサンダルはいくつかの理由によりミニマリスト・ランナーに好まれています。これらは足とランナーから自然な足取りでの走りを引き出します。また足を、ガラス、石ころ、ゴミなどから守るのに役立ちます。

記載内容の根拠については追加の情報源が必要ともありますが・・・
wikipedia
からの引用で、わたしなりの翻訳です。



日 時: 日曜日13時〜
参加費: 7000円(参加費・材料費込み)
所要時間: 2〜3時間

*昨年はスポンジソール一枚でしたが、今年は革+スポンジソールで作ります。
(スポンジソール一枚は現代人には少し過激すぎました・・・。)
昨年参加された方で革仕様に変更されたい方(ソールを再利用の場合)は昨年との差額にてご参加ください。

【冷泉荘ピクニック2018春】ワラーチづくりワークショップ

6月2日に「冷泉荘ピクニック」があります。
shoe lab noppoではワラーチづくりのワークショップを開催します。

Huarache (running shoe)
タラウマラ インディアンからアイデアを得た走るためのサンダル。

ワラーチとは、踵周りと足の甲の上を通すストラップによって、靴底を履く人の足に固定する屋外用の履物です。このサンダルはメキシコの伝統的なワラーチの変種で、デザインと作り方に違いがあります。
これらのサンダルはいくつかの理由によりミニマリスト・ランナーに好まれています。これらは足とランナーから自然な足取りでの走りを引き出します。また足を、ガラス、石ころ、ゴミなどから守るのに役立ちます。

記載内容の根拠については追加の情報源が必要ともありますが・・・
wikipedia
からの引用で、わたしなりの翻訳です。


開催日: 6/2
時 間: 11時〜16時まで随時受付
参加費: 6000円(参加費・材料費込み)
所要時間: 2〜3時間

*昨年はスポンジソール一枚でしたが、今年は革+スポンジソールで作ります。
(スポンジソール一枚は現代人には少し過激すぎました・・・。)
昨年参加された方で革仕様に変更されたい方(ソールを再利用の場合)は昨年との差額にてご参加ください。

110kmウォーク

(2018/4/16)
時々行く酒場で、同席した人から110kmウォークのお誘いを受けるも、特にピンとくることもなく数週間、
じわじわと気になり始めて、なかなか面白いかもしれないと2月中頃申し込み、ちょいちょい10〜20km試しに歩いたりして問題も発生せず、
結構20時間くらいでゴールできたりするんじゃないかと楽観視していたが、
念の為もうすこしまとまった距離を歩いておこうと先日33km歩いてみたところ、
30km手前から筋肉痛地獄の門が見えてきて、それはそれは甘い考えであったと気が引き締まった。110kmはヤバイ。
大抵それを言うと笑われてるけど、作った靴で行くつもりで、33kmでは靴ずれもマメもできなかったが果たしてどうか。
それはそれとして、短い距離では得られない、足の状態変化、靴のフィッティングの変化、
日常の範囲では気にならないが負荷がかかっている箇所、靴づくりにフィードバックできそうなことも存外にたくさんあったり、
靴、靴下、中敷き、その他いろいろ道具立てをどうするか検証するのも面白く、もうこれだけでも今回参加することにしてよかった。
心技体の総力戦になりそうだが、110km目指して歩くというのはどんな体験なのか、攻略できるのかどうか、とても楽しみである。





(2018/5/6)
なにを書いても言い訳になってしまう結果となりましたが、一応報告を。
スタートから17.5時間、69.6km地点のエイドでリタイアしました。
帰ってからも、もっと歩けたんじゃないかとか、なんでリタイアしたかなと考えておりました。

①せめて次のチェックポイントまで歩いてみればよかった。そのままのペースだと制限時間の28時間ギリギリでゴールできるかどうかというところだったが・・・足切りになったほうが諦めがついたというものです。
②膝が伸ばしづらくなって、下り坂は休憩を挟まないと踏ん張れない状態でほぼ最後尾、でもその区間は読み通りのタイムで歩けていたので、拙速な判断だったのではないかという後悔。
③行ったり来たりしている回収車の運転手の人に、何回か大丈夫ですかーと聞かれたので、もう大丈夫じゃないのかもしれないと思ってしまった・・・、とか?

リタイアしてスタート地点まで運んでもらって、同じくらいのタイムで完歩されている年配の方と駅まで相乗りしたのだが、その方はタクシー待ってる間、クールダウンといいながら、まだ元気いっぱい歩きまわっておられました。そして、その人も最初は60kmくらいだったよという話を聞いて、そういえば誰かが70〜80kmくらいがしんどいよと言ってたのを思い出し、早まったかもしれないとも思ったが後の祭り、100km地点付近の歩き方が普通でなくなっている人を横目に駅からバイクで帰ったのでした。

そんなこんなで、動けなくなるまで歩けなかったことが心残りか。満足のハードルが低いせいか、二見ヶ浦で朝焼けを見て割とすがすがしい気分でリタイアしますとなってしまった性格が一番の問題かもしれない。魔が差したとは言いたくないが、その時なんとなく充足感はあったのでした。ガッツが足りない。

二週間たっても脚に疲労がまだ少し残っている(先日十数キロ歩いたりしたのもある)。そして、なんだか日常が少し物足りなく感じられて困ったものである。


 




(2018/5/11)
さて、肝心の足・脚のことを書いてなかった。

足に関しては、小指の内側と、指の付け根周辺にに1cm大のマメが左右1箇所ずつ。
小指のマメについては、靴下2枚履いたほうがいいよというアドバイスを受けて5本指ソックス+普通のソックスで2枚はいてちょっと窮屈さがあったのが原因だろう。
もう一箇所のマメがやっかいなところで、原因ははっきりしているが、もし次回があるとすれば、どうすべきかは要検討である。
わたしの足はボールガース(趾の付け根周りの寸法)が荷重位と非荷重位で2cm以上変動するコンニャク足なので靴型は結構絞って作っているのだが、そのせいで足裏に深くシワが入るみたいなのである。今回30㎞手前くらいからそのシワの部位がふやけてきて摩擦で痛んできたため、マメができる前にと思ってマメ防止パッドというのをシワを伸ばすようにして貼っていたのだが、60㎞あたりでそのパッドの縁(左足は親指側、右足は中指側)にマメができた。50㎞くらいから靴下を5本指ソックス一枚にしてたのもあるかも。というのも今回靴下を3セット持っていって休憩ポイントごとに履き替えていたのだが、昼間27度あったせいか30㎞手前くらいで革の吸湿性は飽和して靴下の乾燥も追いつかなくなって、50㎞くらいでは靴内に余裕があったほうが快適な感じがして一枚にしてしまったのだが、よくなかったかもしれない。マメに関しては都度針で水を抜いたので痛みの点では歩きに影響はなかったと思う。

脚については若干反省点がある。
すこし遡って話していくと、ちょっと距離を歩いた時にすねが筋肉痛になるのはなんでだろうと思って足を観察していたところ、長年外反足と言われていた足をメンテナンスすることで踵の傾きについては改善してきていたのだが、踵が立ってくると前足部にも影響があって、親指側の接地が甘い、前足部内反という状態じゃないかと気づいた。右足は顕著だったのでとりあえず右だけ靴に細工をしたところ、歩き易くもなり、すねの筋肉痛もなくなったので良しとして、それで33㎞歩いたところ左足の膝周りの筋肉に痛みがでた。膝の内側を通る縫工筋・鵞足に痛みが出るというのは、歩いた時に膝がうちに入ってしまうことが原因で、ぱっと見てもわからないがこれもまた前足部内反?(疲労による過回内?)かもしれないと思い、左の靴にも細工をして当日に臨んだのである。
当日、縫工筋に違和感が残っていたので太腿前側の筋肉を緩めるというテーピングをしてみて足が軽くなったと思ったのでそれで歩いていたのだが、40㎞手前くらいからハムストリングス(太腿の後ろ側の筋肉)の緊張?で膝が伸ばしづらくなってきて、これはもしやテーピングの影響かと思いはずした。その時ははずした方が楽と思ったがどうだったのだろう。後側だけ過負荷に感じられたのは、テーピングのせいだったのか、膝が過伸展している日頃の姿勢のせいなのか、靴のクッション性なのか、このへんはまだ勉強が必要である。いずれにしてもテーピングは余計だったかもしれない。69㎞歩いた後には、33㎞歩いたときにでた左足の不具合はでなかったので靴の調整に関しては機能したと言ってもよいと思う。たぶん大丈夫だとは思うが根本的に靴がおかしいということはないのか今度市販の靴で検証してみよう。

幸か不幸か変な足(脚)をしているせいもあって課題は尽きない。日常の範囲では困ることはないけれども100㎞歩こうとするといろいろと改善(筋力不足も)が必要なようで、嬉しいような悲しいような。

紹介いただきました

あんまり縁のないと思っていたところの切り口での取材だったので
客観的に見てもらうとそうなのかぁというのがわかって面白いです。ありがたいことです。
ウェブマガジン「mymo」にて紹介していただきました。

日曜日、和装の方が入ってきたので、階下で落語でもあるのかとおもったら高田課長でした。
長浜に工房があったころ何度か来ていただいたことがあったので、「あーっあの!」という感じで
2/2、9時50分からのももち浜ストアで紹介していただけるようです。

はだかの王様

たとえば誰かがこれは立派なお洋服ですだとか云っても、それはその人の見るところで、私の参考にならない事はないにしても、私にそう思えなければ、とうてい受け売りをすべきものではないのです。人の意見を鵜呑みにしていてはいつまでたっても不安です。いったい私はそれがよいものであるとか、そうではないとか、どうやって判断しているのか、あるいは判断したらよいのか、己の立脚地を堅めるため、いや堅めるというより新たに建設するために、服でも作って足元以外から足元を考えてみよう、と思いました。

夏前、まずはじめに履いたことのない太いパンツはどんなものかと、麻の生地で作ってみます。軽い、涼しい。すばらしい心地よさです。もう一枚薄手のコットンがあったので、もういっちょ作ってみます。太めのパンツは暑い時によいなぁ、とてもいい具合です。調子に乗って薄めのデニムでも作ってみます。短パン用に用意していた生地なので丈が少し短く、この形状にしてはハリがありすぎて何かがおかしい。長さと太さのバランス、生地と形状のバランスは難しい、先の2本はまぐれ当たりだったかもしれない。調子こいてはいけない。
次に、下半身太めならAライン?シャツは細身で作ってみます。ひとつめは生地が厚くて重かったので冬まで放っておくことにします。夏ならやっぱり白い麻。白シャツは何枚かあるので、スタンドカラーにしてみるもしっくりこない。丸襟に交換してみてもピンとこない。なのでもう一着。やっぱり襟は普通の、でも生地は大事というところで、生地を探して、よーし、なかなかよいのができたのではなかろうか。
涼しくなったらワークジャケットみたいなのがあるとよいなと、ヴィンテージものの画像を参考にしたりして、ヒッコリーデニムで作ります。結構暖かい。気温が20度切ってもバイクでも大丈夫。いろいろとちょうどよろしい。

そんなこんなで、余った生地で帽子も作って、何とも知れないものを着せられるよりは確からしいものがあるでしょう?とルンルン気分でいたものの、後日、新しく出来た蔦屋書店にいってみるとヴィンテージワークウェアの本が何冊もあって、なーんだ、知らぬうちに時流に乗せられていただけなのか、自由意志というのはやっぱり幻想なのかしらんと、少しあやふやになってしまいます。

そんなところにZ○Z○SUITのニュースが飛び込んできて、未来が垣間見えたような気がして即注文してしまった。一月たつけどまだ届かない。

 

【終了】ミニトートバッグ・ワークショップ

本体サイズ 口の幅 29cm 高さ 18cm 底 8cm×21cm
開催日時 12月3日(日) ・ 17日(日) ・ 25日(月)
10時〜17時(間1時間休憩)
参加費 10000円(材料費込み)
所要時間 6時間
赤・黄・緑・焦茶・オレンジ
◎日時と色をご予約時にお伝えください。

※写真は黄と緑です。
先着1名様、緑の革、焼き印の部位、ご使用いただけます。

話にオチがないと突っ込まれたので

教室で、今日通勤途中に4人も黒人の方を見かけたよというのを話したところ、それだけ?と突っ込まれたのでした。最近はそれほど珍しいことではなくなったにしても、それぞれ違う場所で、ドレッドヘアだったり天然パーマでロング?だったり、今日は次から次によく見かけるなあと思いながら出勤したのでした。

話にはオチが要りますよと言われ、オチねぇと考えていたら、とある曲が脳内で再生されてきました。
ああそうか。

昨晩、家でテクトラムというエアプランツが行方不明になる事件があったのです。いつもトイレの窓際においてあって、先週は台風の強風で飛ばされて便器で水没していた事件もあったのですが、昨日も一昨日も大して風など吹いてなかったと思うのにふと見ると所定の場所にいない。便器内にもその周りにも見当たらない。妻にも3回くらい確認したところ「私じゃない」と確信を持って言います。起き抜けに気づかずフラッシュしてしまったのだろうか、1年以上その場所で、調子よく大きくなっていたのに、下水に流してしまったとあっては不憫なことこの上ない。

「いつでもさがしているよ・・・そんなとこにいるはずもないのに・・・」
山崎まさよし One more time, One more chance

在りし日のテクトラム。