110kmウォーク

(2018/4/16)
時々行く酒場で、同席した人から110kmウォークのお誘いを受けるも、特にピンとくることもなく数週間、
じわじわと気になり始めて、なかなか面白いかもしれないと2月中頃申し込み、ちょいちょい10〜20km試しに歩いたりして問題も発生せず、
結構20時間くらいでゴールできたりするんじゃないかと楽観視していたが、
念の為もうすこしまとまった距離を歩いておこうと先日33km歩いてみたところ、
30km手前から筋肉痛地獄の門が見えてきて、それはそれは甘い考えであったと気が引き締まった。110kmはヤバイ。
大抵それを言うと笑われてるけど、作った靴で行くつもりで、33kmでは靴ずれもマメもできなかったが果たしてどうか。
それはそれとして、短い距離では得られない、足の状態変化、靴のフィッティングの変化、
日常の範囲では気にならないが負荷がかかっている箇所、靴づくりにフィードバックできそうなことも存外にたくさんあったり、
靴、靴下、中敷き、その他いろいろ道具立てをどうするか検証するのも面白く、もうこれだけでも今回参加することにしてよかった。
心技体の総力戦になりそうだが、110km目指して歩くというのはどんな体験なのか、攻略できるのかどうか、とても楽しみである。





(2018/5/6)
なにを書いても言い訳になってしまう結果となりましたが、一応報告を。
スタートから17.5時間、69.6km地点のエイドでリタイアしました。
帰ってからも、もっと歩けたんじゃないかとか、なんでリタイアしたかなと考えておりました。

①せめて次のチェックポイントまで歩いてみればよかった。そのままのペースだと制限時間の28時間ギリギリでゴールできるかどうかというところだったが・・・足切りになったほうが諦めがついたというものです。
②膝が伸ばしづらくなって、下り坂は休憩を挟まないと踏ん張れない状態でほぼ最後尾、でもその区間は読み通りのタイムで歩けていたので、拙速な判断だったのではないかという後悔。
③行ったり来たりしている回収車の運転手の人に、何回か大丈夫ですかーと聞かれたので、もう大丈夫じゃないのかもしれないと思ってしまった・・・、とか?

リタイアしてスタート地点まで運んでもらって、同じくらいのタイムで完歩されている年配の方と駅まで相乗りしたのだが、その方はタクシー待ってる間、クールダウンといいながら、まだ元気いっぱい歩きまわっておられました。そして、その人も最初は60kmくらいだったよという話を聞いて、そういえば誰かが70〜80kmくらいがしんどいよと言ってたのを思い出し、早まったかもしれないとも思ったが後の祭り、100km地点付近の歩き方が普通でなくなっている人を横目に駅からバイクで帰ったのでした。

そんなこんなで、動けなくなるまで歩けなかったことが心残りか。満足のハードルが低いせいか、二見ヶ浦で朝焼けを見て割とすがすがしい気分でリタイアしますとなってしまった性格が一番の問題かもしれない。魔が差したとは言いたくないが、その時なんとなく充足感はあったのでした。ガッツが足りない。

二週間たっても脚に疲労がまだ少し残っている(先日十数キロ歩いたりしたのもある)。そして、なんだか日常が少し物足りなく感じられて困ったものである。


 




(2018/5/11)
さて、肝心の足・脚のことを書いてなかった。

足に関しては、小指の内側と、指の付け根周辺にに1cm大のマメが左右1箇所ずつ。
小指のマメについては、靴下2枚履いたほうがいいよというアドバイスを受けて5本指ソックス+普通のソックスで2枚はいてちょっと窮屈さがあったのが原因だろう。
もう一箇所のマメがやっかいなところで、原因ははっきりしているが、もし次回があるとすれば、どうすべきかは要検討である。
わたしの足はボールガース(趾の付け根周りの寸法)が荷重位と非荷重位で2cm以上変動するコンニャク足なので靴型は結構絞って作っているのだが、そのせいで足裏に深くシワが入るみたいなのである。今回30㎞手前くらいからそのシワの部位がふやけてきて摩擦で痛んできたため、マメができる前にと思ってマメ防止パッドというのをシワを伸ばすようにして貼っていたのだが、60㎞あたりでそのパッドの縁(左足は親指側、右足は中指側)にマメができた。50㎞くらいから靴下を5本指ソックス一枚にしてたのもあるかも。というのも今回靴下を3セット持っていって休憩ポイントごとに履き替えていたのだが、昼間27度あったせいか30㎞手前くらいで革の吸湿性は飽和して靴下の乾燥も追いつかなくなって、50㎞くらいでは靴内に余裕があったほうが快適な感じがして一枚にしてしまったのだが、よくなかったかもしれない。マメに関しては都度針で水を抜いたので痛みの点では歩きに影響はなかったと思う。

脚については若干反省点がある。
すこし遡って話していくと、ちょっと距離を歩いた時にすねが筋肉痛になるのはなんでだろうと思って足を観察していたところ、長年外反足と言われていた足をメンテナンスすることで踵の傾きについては改善してきていたのだが、踵が立ってくると前足部にも影響があって、親指側の接地が甘い、前足部内反という状態じゃないかと気づいた。右足は顕著だったのでとりあえず右だけ靴に細工をしたところ、歩き易くもなり、すねの筋肉痛もなくなったので良しとして、それで33㎞歩いたところ左足の膝周りの筋肉に痛みがでた。膝の内側を通る縫工筋・鵞足に痛みが出るというのは、歩いた時に膝がうちに入ってしまうことが原因で、ぱっと見てもわからないがこれもまた前足部内反?(疲労による過回内?)かもしれないと思い、左の靴にも細工をして当日に臨んだのである。
当日、縫工筋に違和感が残っていたので太腿前側の筋肉を緩めるというテーピングをしてみて足が軽くなったと思ったのでそれで歩いていたのだが、40㎞手前くらいからハムストリングス(太腿の後ろ側の筋肉)の緊張?で膝が伸ばしづらくなってきて、これはもしやテーピングの影響かと思いはずした。その時ははずした方が楽と思ったがどうだったのだろう。後側だけ過負荷に感じられたのは、テーピングのせいだったのか、膝が過伸展している日頃の姿勢のせいなのか、靴のクッション性なのか、このへんはまだ勉強が必要である。いずれにしてもテーピングは余計だったかもしれない。69㎞歩いた後には、33㎞歩いたときにでた左足の不具合はでなかったので靴の調整に関しては機能したと言ってもよいと思う。たぶん大丈夫だとは思うが根本的に靴がおかしいということはないのか今度市販の靴で検証してみよう。

幸か不幸か変な足(脚)をしているせいもあって課題は尽きない。日常の範囲では困ることはないけれども100㎞歩こうとするといろいろと改善(筋力不足も)が必要なようで、嬉しいような悲しいような。

快適に歩くことについて

今年の4月頃、足と姿勢に関するとある講座を受講しました。その日は朝から夕方までみっちり、足のコンディションを整える手法について習いました。それから一週間くらいは、歩いているときの足裏の感触が柔らかく、ちょっと極端な表現をしますと、まるで絨毯とか芝生の上を歩いているような感じでした。今までこんなポテンシャルのあった足を知らずにいたのかと愕然としました。しかも靴の履き心地までよくなって、今更ながら自分の足もなかなかいいじゃないかと歩くのが楽しくなったのでした。
靴を作り始めてから何人かの足の専門家の人に、私の足は外反足であり大抵の場合は大人になってからは治らないだろうと言われていました。今思えば専門家として統計的な話をしただけなのでしょうが、聞いている方としては絶対的なこととして受け取っていました。このことに関しも、まだ改善の余地がありそうということを教えてもらって、その後4ヶ月ほど個人的にメンテナンスを継続していますが少しだけですが改善が見られます。
こんな足に対してどんな靴をもってしたら具合が良いのかということばかりに囚われていましたが、実は自分の身体のほうにも改善の糸口はあったのでした。

あけましておめでとうございます

またもや放置中のブログですが、年始というのをきっかけに・・・

正月、2歳の姪っ子が工房に来たときに
ホック式のネックレスをプレゼントしたところ
そのホックを自分でとめれるようになったらおおはしゃぎ
なにかができるようになることは、たいへん喜ばしいことでありました

姪っ子のお父さん
「最近何もつくってないから世界が灰色だよー」
なにかをつくることは世界に彩りを添えることでありました

今日から教室でしたけど
今年も一緒に何か発見(ぴったりする言葉がみつからない)するような時間が
持てたら嬉しいです

本年も引き続きよろしくお願い申し上げます

じゆうになるのはたいへんなのだ?

またも半年ぶりになってしまいました。
3ヶ月に一度くらいは更新しよう思いながらも書いてはうっちゃる4ヶ月
ニートと揶揄されても、のれんに腕押し、本人もどうしたものか
気にかけていただいている皆様には早く恩返ししたいと思います。(この説得力!)

アナーキーと言われたりした靴づくりの教室にどうしてこんなに囚われているのか
言葉にしようとしましたが、なかなか手強い。
枝豆を種から育てて採れたてを湯がいて食べたらとってもうまい、なのでみんなも・・・。

現代社会、生命を脅かす危険が少なくなったかわりに
常識とか普通はとかいう、暗黙のルール、服装だったり立ち居振る舞いだったり、文化。
男らしい、女らしい、学生らしい、偉い人らしい、靴にも、そういったところがあります。
靴とは不可分、ファッション。
「ファッションは鎧なんだ」(「ビル・カニンガム&ニューヨーク」面白かった)
服装、スタイル、何かの象徴だったり、主張だったり。
さらには履き心地、歩き心地・・・。

さてさて。

作り手にも問われる、こういった諸々
それではいったいどんなカタチ、革、履き心地、歩き心地、の履物だったら適当なのか。
こうでもないし、ああでもない
んー



そこに十人十色、新しい世界が見つかるのじゃないかという希望的観測。
教室で自身の手によって作られ履かれる靴、その存在感がワタシは好きである。

ドン・キホーテが風車に突撃したのと同じような話ではないと思いたい。
HAHAHA…

まあ下手の考え休むに似たりということで・・・
妻のいうことはきいて、脱・頭でっかち、初心を忘れずにいたいと思います。

それでは、お知らせですが
昨年の引越しに伴い発生した問題もだいたい対策ができまして
ワークショップ的なことを再開します。
また注文靴ですが、まあどんなものかというものをイージーオーダーとして
とりあえず2種類ですけどありますので、興味が湧いた方は
高いハードルを越えてお問い合わせいただければと思います。

sense

ひさしぶりに自転車に乗りまして
以前の感覚で乗っていたら途中でバテバテ、家につく頃には脚がガクガク。
なんか2日目もそんな感じで、ようやく3日目になりまして、
脚の声を聞かないかんかったと帰ってきたところ、なんとか悲鳴をあげずに到着。
4日目にもなるとずいぶんといい調子に(のろのろ運転)。

足もね、靴下の厚い薄い、紐の締め具合、
靴のかたち、底材の種類やらで
合ってる合ってない、左足はいいけど、右足のここが、とか
実は結構細かいやつなんです。
木型を修正しては靴を作るというのを繰り返してますけど
どんどん足の感覚の解像度が上がっているのか
フィット感は近づいては遠ざかり、それはそれで恐ろしいことです。

溜まりつつある端切れで
これはここかなとか、これはこんな感じでとか、
考えているような考えていないような、気分で並べ替えを繰り返し、
出たとこ勝負の靴、これはこれで面白いものです。

IMG_1088

飾りじゃないのよ

靴のひも。

西洋では、いかにほどけない結び方をするかということが興味の的のようで、
結ぶことは当たり前なのかなぁと、目からウロコの、靴ひもの結び方動画です。
(人のふんどしで相撲をとって、すみません。PCじゃない場合字幕がでないようです。こちらだと出るみたいです。)

ひも靴作りました。
IMG_0687

今回は ひもの端を金具で処理してみました。(端の処理のことはアグレットと呼ぶらしいです。)
IMG_0687_

2014

あけましておめでとうございます。

新年を迎え、初心を振り返りつつ、
今年もまたモノづくりを楽しく共有できたらいいなと思います。
どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

ということで気持ちを新たに
財布を新しく作りました。
IMG_0581
 

年末ですね

早いもので2013年も残り数日となりました。
大掃除、荷物もいろいろ増えてきて片付けるのになんか袋でもと思って
前バッグを作った時のあまり生地を掘り出したのが運の尽き、
なんとなく袋を作り始めて、取っ手を付けてー、ひも通し口付けてー、
ストラップを付けてー、とやっておったらボンサックみたいなのになって
勢いで作った割には、端材もほとんど出ず使いきって自画自賛ですが
結局仕舞おうとしてたものの袋にはならない?
よく目標を見失って脱線してしまうのを来年はなんとかしたいものです。
(いつもどおりの先送り?)
IMG_0557

12/29〜1/3までお休みします。

Oh no!

時々おにぎりを昼食用に持っていくのですが、なんということでしょう!
残念な状態の手つかずのおにぎりが工房で発掘されたのです。
(道理で弁当箱が一個少ないと思ってました。)
どうして食べそびれてしまったのか全くわからない・・・、もったいないことをしました。
文庫本の小説を買って、読んだことのある話だなと思ったら、
新書版を持っていたことに気づいたとき以来のショックな出来事でした。

妻の靴が傷んできたこともあって、
「気に入ってるので同じ型で作ってください」と言われてたので作りました。
よく考えてみれば、ちょっと化粧直し的に手入れしたらよかったのでは?と
出来上がってから気づきました。
もしかして、これも、もったいなかったでしょうか・・・。

OLD
IMGP0388

NEW
IMGP0390

柄にもなく

久しぶりに自分用。普段は地味なのにどうしてしまったのか。
別に悪くないような気もします。
IMGP0100



8/6「今日感テレビ」で長浜横丁が紹介され、私も少し映してもらいました。
生放送、手を振っています。
こちらは夢に出てきそうな感じです。
IMGP0125

靴?

先日、久留米にある靴工場を見学させてもらいました。
あらためて靴?と考え込んでしまいました。
大量生産と手作り、アプローチは違いますがゴールは同じで快適な靴のはずです。
ただ靴は見た目が気に入って、形が足に合う合わないを見極めて、きちんと履かないと合わない。すべて本人の感覚とか意識の問題が関わってくるし、しかも日本では脱ぎ履きしやすいほうがいいという、だいぶややこしい物体です。
[快適な靴=靴+履く人の感覚と心がけ]ということで、一方的に快適な靴ですよというのは成り立たないと思います。なのでゴールには作る側だけでは辿りつけないというのが靴ではないでしょうか?
もうすぐ2015年なので、自動で靴紐が締まる靴がそろそろできますかね・・・。
靴紐をきちんと締めてみるだけで足取り軽くなったりしますので、普段締めてないという方は締めてみてはいかがでしょうか?

平常運転

「何か投稿しましょう」とfacebookに言われてしまいました。一週間以上投稿していないと言ってくるみたいです。
ネタはいろいろあると思うのですが、何かアピールがないとな、とか考えてしまう危険な兆候があって更新が滞っております、いつも通りの毎日です。

じわじわと増殖を続ける筒。
ワンパターンだけど、これは好きです。
IMG_0328