はだかの王様

たとえば誰かがこれは立派なお洋服ですだとか云っても、それはその人の見るところで、私の参考にならない事はないにしても、私にそう思えなければ、とうてい受け売りをすべきものではないのです。人の意見を鵜呑みにしていてはいつまでたっても不安です。いったい私はそれがよいものであるとか、そうではないとか、どうやって判断しているのか、あるいは判断したらよいのか、己の立脚地を堅めるため、いや堅めるというより新たに建設するために、服でも作って足元以外から足元を考えてみよう、と思いました。

夏前、まずはじめに履いたことのない太いパンツはどんなものかと、麻の生地で作ってみます。軽い、涼しい。すばらしい心地よさです。もう一枚薄手のコットンがあったので、もういっちょ作ってみます。太めのパンツは暑い時によいなぁ、とてもいい具合です。調子に乗って薄めのデニムでも作ってみます。短パン用に用意していた生地なので丈が少し短く、この形状にしてはハリがありすぎて何かがおかしい。長さと太さのバランス、生地と形状のバランスは難しい、先の2本はまぐれ当たりだったかもしれない。調子こいてはいけない。
次に、下半身太めならAライン?シャツは細身で作ってみます。ひとつめは生地が厚くて重かったので冬まで放っておくことにします。夏ならやっぱり白い麻。白シャツは何枚かあるので、スタンドカラーにしてみるもしっくりこない。丸襟に交換してみてもピンとこない。なのでもう一着。やっぱり襟は普通の、でも生地は大事というところで、生地を探して、よーし、なかなかよいのができたのではなかろうか。
涼しくなったらワークジャケットみたいなのがあるとよいなと、ヴィンテージものの画像を参考にしたりして、ヒッコリーデニムで作ります。結構暖かい。気温が20度切ってもバイクでも大丈夫。いろいろとちょうどよろしい。

そんなこんなで、余った生地で帽子も作って、何とも知れないものを着せられるよりは確からしいものがあるでしょう?とルンルン気分でいたものの、後日、新しく出来た蔦屋書店にいってみるとヴィンテージワークウェアの本が何冊もあって、なーんだ、知らぬうちに時流に乗せられていただけなのか、自由意志というのはやっぱり幻想なのかしらんと、少しあやふやになってしまいます。

そんなところにZ○Z○SUITのニュースが飛び込んできて、未来が垣間見えたような気がして即注文してしまった。一月たつけどまだ届かない。

 

話にオチがないと突っ込まれたので

教室で、今日通勤途中に4人も黒人の方を見かけたよというのを話したところ、それだけ?と突っ込まれたのでした。最近はそれほど珍しいことではなくなったにしても、それぞれ違う場所で、ドレッドヘアだったり天然パーマでロング?だったり、今日は次から次によく見かけるなあと思いながら出勤したのでした。

話にはオチが要りますよと言われ、オチねぇと考えていたら、とある曲が脳内で再生されてきました。
ああそうか。

昨晩、家でテクトラムというエアプランツが行方不明になる事件があったのです。いつもトイレの窓際においてあって、先週は台風の強風で飛ばされて便器で水没していた事件もあったのですが、昨日も一昨日も大して風など吹いてなかったと思うのにふと見ると所定の場所にいない。便器内にもその周りにも見当たらない。妻にも3回くらい確認したところ「私じゃない」と確信を持って言います。起き抜けに気づかずフラッシュしてしまったのだろうか、1年以上その場所で、調子よく大きくなっていたのに、下水に流してしまったとあっては不憫なことこの上ない。

「いつでもさがしているよ・・・そんなとこにいるはずもないのに・・・」
山崎まさよし One more time, One more chance

在りし日のテクトラム。


 

オイラーこわい


狭所用オイラーというのを見つけて、おっいいねと買いました。先端が細長い油をさす道具で、ネジで滴下量まで調節できます。持っているミシンオイルの容器では届かなくてスルーしていたところも、すみずみまで注油します。すると、かつてないほどの滑らかさでミシンが動く気がします。滑らかに動くミシンはすこぶる気分がよく心地いいものです。もっと注油したいという「衝動」がおきて我ながらびっくりします。そうか、ミシンをしこたま動かして何か作れば、ミシンも動かせるしメンテナンスの理由もできるし、と、色々次から次に作ってみます。さてここにきて、あれっ?となりました。
注油させられる→ミシン踏まされる→何かできる→注油させられる・・・
身を任せると抜けられない無限ループ。回し車とハムスターのようですが、なーんだこれでよかったのか。
送料込で100円しなかったのに(謎)、オイラー恐るべし。

なるほど

クツ学校の初日に見たドキュメンタリーを見つけて、いろいろ気になって何回か見る。
「ミンゲイソタ ミネソタの陶工、ウォレン・マッケンジー」

柳宗悦、バーナード・リーチも訪れたという小鹿田の1960年代の映像があることをひょんなことから教えてもらう。

細野晴臣のラジオ番組Daisy Holiday!を聞いてたらゲストが中沢新一。
ポケモンの話から始まる。ゲームは自然力の化身であるポケモンとの交流であり、エネルギーについて考えだすと「核」にたどり着く人間の脳の必然性とか、そういったことも含めて自然との調和がテーマになっているんじゃないかという、深読みしすぎとは言ってたけど・・・興味深い。最新作サン・ムーンが大傑作だそうです。
ちょっと脱線しました。

で、中沢さんつながりでレヴィ=ストロース「野生の思考」、年末にNHKで紹介されていたらしい。とりあえずテキストを読む。ミンゲイソタでもピンときてなかったところ含め、いろいろとすっきり説明されてしまった。恐るべしレヴィ=ストロース。

ひとまず、ブリコラージュとポイエーシスがキーワード。

「ブリコラージュ」 ありあわせの道具材料を用いて自分の手でものを作ること
「ポイエーシス」 あるものを自分の目的のために変形して使うのでなく、その物の中にすでに存在する形を外に取り出す

こういうのから生じる揺らぎは楽しい。

一部抜粋だとちょっとずれるかな?河井寛次郎「手考足思」から。

私はどんなもののなかにもいる
立ち止まってその声をきく
こんなものの中にもいたのか
あんなものの中にもいたのか

コントロールできないのにまとまったりする、頭で考えた想定外のことが現れる。そんなのが面白い。


というのを書いてる途中で、昨日、胃カメラの後ぼんやりセレクト本屋?に入ったら、あっちを見てもこっちを見ても柳宗悦、河井寛次郎、中沢新一、レヴィ=ストロースの本がパっと目に飛びこんできた。
なんともタイムリーだった。

そこも自分次第というところで・・・

お正月、突き刺さるおみくじがでた。第47番中吉。
いろいろ思い当たる。

ながむれば ながむる花の あるものを 空しき枝に うぐいすのなく

足にもクツにも関係ないことばかり書いているので
個人的なことだけれども、たまには足のことでも書いてみよう。

恥ずかしながら
クツをつくるようになるまでは、ほとんど気にしたことなかった足。
ご覧の通り、
踵の骨が傾いていることで形状が少々おかしなことになっている。
とある機会に足の専門家に見てもらったことがあって
当時あった背中の痛みは、足の加減が左右で異なることで腰骨が傾いているからと教えてもらった。
インソールもいろいろ試してみたりしたが
今は自作のクツを履いていれば特に問題はない。
自分の分の履き心地に関しては、これでよかろう、
と思えるところまで、ようやく来たかな。
(治療目的にひとのクツなんて作れません。ただの個人談です。)

ただ住んでいたところの近くにクツ教室があって
どんなものかと思って通ってみたのがきっかけだったけど
ついに、吾唯知足(われ、ただ、たるを、しる)、満足。

なーんちゃって。

たぶんラッキーなこと

振り返ればその日は午前中からそんな感じだった。
音楽教室にも通っているMさんから
インク飛び散らかしただけみたいな即興の楽譜があって、とかいう話がでる。
午後から階下のレンタルスペースで即興芝居(インプロヴィゼーション)があることになっていたのでそのことを伝えると
そう!インプロ!インプロ!となり、しばしインプロ話。
午後も、即興と日常は何が違うんでしょうねという話がでつつ
夕方届け物を受け取って革に穴を開けるためにバンバン音を出していたら
しばらくして芝居をしている方が訪ねてきた。
いいタイミングで音がした、
芝居では死んだおじいさんがお迎えに来た音になったけど
なんの音だったのか気になって聞きに来ました、と。
タイミングのいいことがあるとテンションあがりますなぁということで
意味があるのかないのかわからないが、ここに記す。

something invaluable

教室に来ている人がわりと口にする

「あれって*万円する価値あるんですかね?」
とか
「買ったら*万ですよ」
とか

くらべるのはどうかというのはおいといて
価値あるものができているということでいいのかな

「この前作ったのすごい褒められました」
とか
「めっちゃ好評でした」
とか

本人にとっても予想以上、のように聞くのは嬉しいことである

つい評価は外部に求めてしまうけれども
そうじゃないところになにかが見つかったなら、しめたものじゃないかな

知らんかったー

ミシンのモーターの話

クラッチモーターが付いていた腕ミシン
半クラにしたり、ちょっとでも踏むとタタタと進んで、とてもピーキー
教室ではわざわざ挑戦して使う人もいなかったので
サーボモーターに付け替えた

街中を大型バイクでストップアンドゴーみたいだったのが
小型バイクに乗り換えたような操作性になって非常に楽しい
ミシンとバイクは似ている、と今回初めて思った
カーブはアクセル緩めて、直線は踏み込んで・・・
もう一台のポストミシンもサーボモーターなのに
踏み込んだ時の回転の上がり方が違うだけで、ずいぶん感触が違う
中国製のモーターだったので多少不安だったが
今のところスイッチをオフにした時に
コンセントを確認しろというエラーが出る(仕様)ぐらいでごきげんである

ポストミシンのほうのモーターも設定があるのではと思い取説を見てみたらあったー
ペダルカーブ調整ボリューム
好みの操作性になりました

そんなの常識といわれたら恥ずかしいけど…

無知は罪なり・・・

ドキュメンタリーをいろいろ見る

「THE TRUE COST〜真の代償〜」
ファストファッションの裏側、労働者、綿農家とゴミの話

「Chasing Ice」
氷河、氷山を定点観測して縮退、崩壊していく様子をカメラに収めている人の、気候変動の話

「cowspiracy」
畜産業が環境に与えている影響は大きいのに、そのことは隠蔽されているという話

とりあえず下着は限界まで着るけど
肉も食べるし革も扱っている者としては落ち着かない気持ちになる

 

とにかく國破れて山も川もないのは嫌だなと
身の回りのモノとか仕組みを省みる

『まず、われわれが道具を作り、次は道具がわれわれを作る。』 マーシャル・マクルーハン

われわれは作っているのか、作らされているのか
選んでいるつもりが選ばされていないか
そのことは常に確かめていないといけないのではないか
何かを作るとき、それを確認できるチャンスがあると思う
それから自分で道具を作ってみたら、その次どうなる?
愉快なことにならんかな?

それがクツである必要はないかもしれないけれど
誰でもクツくらい作れるというところに光明はないだろうか

というクツやの方便

Climbing Up The Walls

Radioheadの昔のアルバム
OK Computerにそんな曲が入ってたなぁというのを
ロッククライマーのドキュメンタリー映画valley uprisingを見てたら思い出した
直訳すると「壁を登る」だけど、調べてみたら
イギリス英語のスラングで「気が狂いそうになる」という意味があるらしい

ロッククライミング競争
誰も登ったことがないとか、他の人の通っていないルートとか
必要最小限の道具でとか、他の人と違う方法でとか・・・

生身の人でここまでできるのかと思うのだけれども
その競争は名誉のため、自己満足であって
持続性とか環境に対しての視点が欠けてやしないかと思ったりして

と、クツ屋になれない言い訳を思いついて一日が過ぎてゆく

そのドキュメンタリーのエンドロールで流れた一文
つっこみどころはあるけど

Because in the end, you won’t remember the time you spent working in the office or mowing your lawn. Climb that goddamn mountain.   Jack Kerouac
記憶に残るのは仕事や家事じゃないんだ。だからさっさと山に登れよ。

これくらい単純に行ければいいんだけど

“Because it is there.”   George Mallory
※なぜあなたはエベレストに登りたかったのですかと聞かれた人

だってそこにそれがあるから