なんでクツをつくっているのか 2

福岡の須崎公園で、行政側が一方的に進めようとしているように見える、樹齢60,70年の木の大部分が切られてしまう市民会館の工事計画があります。8月にそのシンポジウムがあって聞きに行ってきました。そこであった根本的なところの話で、日本は国家予算の半分が建設業に回っていると言われてました。そりゃあ工事をしないわけにはいかない訳です。思い出してみれば、長良川河口堰、諫早湾干拓、福岡アイランドシティのケヤキ・庭石事件とか他にもいろいろ、今回のバリエーションでしょう。千と千尋の神隠しでカオナシという妖怪の要求に応えてたらキンが貰えるからどんどん要求に応えて最初はみんな大喜びするが、しまいには人まで飲み込みだして大わらわ、というシーンがありますが、今の社会が表現されているのではないかと思ってしまいます。行政側の不誠実な対応の話もあって、人間の特性を利用した資本主義というシステムは、カオナシのように、地球環境だけに飽き足らず、人間の良心までをも飲み込んでいってしまっているように見えます。残念なことに須崎公園はそのシステムによって壁で囲われてしまいました。

人間は自然が自然らしくしているのが嫌いなんでしょうか。靴にしたって足を覆って見栄えがどうとか、歩き心地がどうとかこうとかやっているわけです。地面をコンクリートだらけにしたり、遺伝子をいじって栄養がどうとかいう野菜を作ったり、なにかせずにはいられないという業。そういう物事が積み上がってあらぬ方向に向かわないようにするには、いったいどうしたらいいのでしょう。「足とクツのいい関係」、師であるモゲさんがよく言っていた言葉です。これを「自然と人工物とのいい関係」と言い換えてもいいでしょう。どうバランスをとったらいいか常に考えてないと危ういのです。自分でクツを作る教室は、「足とクツのいい関係」だけでなく、いろんなものごとのバランスを考えるきっかけにもなったら嬉しいなぁという下心が実はあります。カオナシは最後、静かに糸車で糸を紡いだり編み物したりしています。手づくりで身体を使うというリアリティが、苦団子(カオナシが食べたら元の状態に戻った)になってくれるのではないかという希望的観測を抱いているのです。

なんでクツを作っているのか

ずいぶん長いこと、自分でクツを作る意義について考えております。
実は同調圧力でクツは履かないといけないから、ということで作っているのかもしれないと、思わなくもない今日この頃です。

裸足で歩いていたら、石を踏んだら痛いし、クツは絶対履かないといけない。怪我でもしたら、バイキンが入って、最悪足を失うかもしれない。そうなったら周りに迷惑もかけるし、ほら、クツ履かないと。

まあ大抵の人はこんなのがクツを履く一番の理由にはなってないと思いますが・・・

だいたい歩くというのは、半分は倒れることで前に進んでいると言えなくもなく、なんとか倒れないように、足を交互に出して踏ん張っているわけです。たまには転ぶこともあるかもしれないし、転んで打ちどころが悪くて死んでしまうこともあるかもしれない。でもその時、もし履いているものがヒトの作ったクツであれば、文句の一つも言いたくなるかもしれないが、自分で作ったものであれば、諦めもつくというものです。

これも一般的な理由ではないかもしれないが、クツは自分で作るのが一番よかろう、ということに今日のところはしておこうと思います。

2021/9/15

はだかの王様

たとえば誰かがこれは立派なお洋服ですだとか云っても、それはその人の見るところで、私の参考にならない事はないにしても、私にそう思えなければ、とうてい受け売りをすべきものではないのです。人の意見を鵜呑みにしていてはいつまでたっても不安です。いったい私はそれがよいものであるとか、そうではないとか、どうやって判断しているのか、あるいは判断したらよいのか、己の立脚地を堅めるため、いや堅めるというより新たに建設するために、服でも作って足元以外から足元を考えてみよう、と思いました。

夏前、まずはじめに履いたことのない太いパンツはどんなものかと、麻の生地で作ってみます。軽い、涼しい。すばらしい心地よさです。もう一枚薄手のコットンがあったので、もういっちょ作ってみます。太めのパンツは暑い時によいなぁ、とてもいい具合です。調子に乗って薄めのデニムでも作ってみます。短パン用に用意していた生地なので丈が少し短く、この形状にしてはハリがありすぎて何かがおかしい。長さと太さのバランス、生地と形状のバランスは難しい、先の2本はまぐれ当たりだったかもしれない。調子こいてはいけない。
次に、下半身太めならAライン?シャツは細身で作ってみます。ひとつめは生地が厚くて重かったので冬まで放っておくことにします。夏ならやっぱり白い麻。白シャツは何枚かあるので、スタンドカラーにしてみるもしっくりこない。丸襟に交換してみてもピンとこない。なのでもう一着。やっぱり襟は普通の、でも生地は大事というところで、生地を探して、よーし、なかなかよいのができたのではなかろうか。
涼しくなったらワークジャケットみたいなのがあるとよいなと、ヴィンテージものの画像を参考にしたりして、ヒッコリーデニムで作ります。結構暖かい。気温が20度切ってもバイクでも大丈夫。いろいろとちょうどよろしい。

そんなこんなで、余った生地で帽子も作って、何とも知れないものを着せられるよりは確からしいものがあるでしょう?とルンルン気分でいたものの、後日、新しく出来た蔦屋書店にいってみるとヴィンテージワークウェアの本が何冊もあって、なーんだ、知らぬうちに時流に乗せられていただけなのか、自由意志というのはやっぱり幻想なのかしらんと、少しあやふやになってしまいます。

そんなところにZ○Z○SUITのニュースが飛び込んできて、未来が垣間見えたような気がして即注文してしまった。一月たつけどまだ届かない。