110kmウォーク

(2018/4/16)
時々行く酒場で、同席した人から110kmウォークのお誘いを受けるも、特にピンとくることもなく数週間、
じわじわと気になり始めて、なかなか面白いかもしれないと2月中頃申し込み、ちょいちょい10〜20km試しに歩いたりして問題も発生せず、
結構20時間くらいでゴールできたりするんじゃないかと楽観視していたが、
念の為もうすこしまとまった距離を歩いておこうと先日33km歩いてみたところ、
30km手前から筋肉痛地獄の門が見えてきて、それはそれは甘い考えであったと気が引き締まった。110kmはヤバイ。
大抵それを言うと笑われてるけど、作った靴で行くつもりで、33kmでは靴ずれもマメもできなかったが果たしてどうか。
それはそれとして、短い距離では得られない、足の状態変化、靴のフィッティングの変化、
日常の範囲では気にならないが負荷がかかっている箇所、靴づくりにフィードバックできそうなことも存外にたくさんあったり、
靴、靴下、中敷き、その他いろいろ道具立てをどうするか検証するのも面白く、もうこれだけでも今回参加することにしてよかった。
心技体の総力戦になりそうだが、110km目指して歩くというのはどんな体験なのか、攻略できるのかどうか、とても楽しみである。





(2018/5/6)
なにを書いても言い訳になってしまう結果となりましたが、一応報告を。
スタートから17.5時間、69.6km地点のエイドでリタイアしました。
帰ってからも、もっと歩けたんじゃないかとか、なんでリタイアしたかなと考えておりました。

①せめて次のチェックポイントまで歩いてみればよかった。そのままのペースだと制限時間の28時間ギリギリでゴールできるかどうかというところだったが・・・足切りになったほうが諦めがついたというものです。
②膝が伸ばしづらくなって、下り坂は休憩を挟まないと踏ん張れない状態でほぼ最後尾、でもその区間は読み通りのタイムで歩けていたので、拙速な判断だったのではないかという後悔。
③行ったり来たりしている回収車の運転手の人に、何回か大丈夫ですかーと聞かれたので、もう大丈夫じゃないのかもしれないと思ってしまった・・・、とか?

リタイアしてスタート地点まで運んでもらって、同じくらいのタイムで完歩されている年配の方と駅まで相乗りしたのだが、その方はタクシー待ってる間、クールダウンといいながら、まだ元気いっぱい歩きまわっておられました。そして、その人も最初は60kmくらいだったよという話を聞いて、そういえば誰かが70〜80kmくらいがしんどいよと言ってたのを思い出し、早まったかもしれないとも思ったが後の祭り、100km地点付近の歩き方が普通でなくなっている人を横目に駅からバイクで帰ったのでした。

そんなこんなで、動けなくなるまで歩けなかったことが心残りか。満足のハードルが低いせいか、二見ヶ浦で朝焼けを見て割とすがすがしい気分でリタイアしますとなってしまった性格が一番の問題かもしれない。魔が差したとは言いたくないが、その時なんとなく充足感はあったのでした。ガッツが足りない。

二週間たっても脚に疲労がまだ少し残っている(先日十数キロ歩いたりしたのもある)。そして、なんだか日常が少し物足りなく感じられて困ったものである。


 




(2018/5/11)
さて、肝心の足・脚のことを書いてなかった。

足に関しては、小指の内側と、指の付け根周辺にに1cm大のマメが左右1箇所ずつ。
小指のマメについては、靴下2枚履いたほうがいいよというアドバイスを受けて5本指ソックス+普通のソックスで2枚はいてちょっと窮屈さがあったのが原因だろう。
もう一箇所のマメがやっかいなところで、原因ははっきりしているが、もし次回があるとすれば、どうすべきかは要検討である。
わたしの足はボールガース(趾の付け根周りの寸法)が荷重位と非荷重位で2cm以上変動するコンニャク足なので靴型は結構絞って作っているのだが、そのせいで足裏に深くシワが入るみたいなのである。今回30㎞手前くらいからそのシワの部位がふやけてきて摩擦で痛んできたため、マメができる前にと思ってマメ防止パッドというのをシワを伸ばすようにして貼っていたのだが、60㎞あたりでそのパッドの縁(左足は親指側、右足は中指側)にマメができた。50㎞くらいから靴下を5本指ソックス一枚にしてたのもあるかも。というのも今回靴下を3セット持っていって休憩ポイントごとに履き替えていたのだが、昼間27度あったせいか30㎞手前くらいで革の吸湿性は飽和して靴下の乾燥も追いつかなくなって、50㎞くらいでは靴内に余裕があったほうが快適な感じがして一枚にしてしまったのだが、よくなかったかもしれない。マメに関しては都度針で水を抜いたので痛みの点では歩きに影響はなかったと思う。

脚については若干反省点がある。
すこし遡って話していくと、ちょっと距離を歩いた時にすねが筋肉痛になるのはなんでだろうと思って足を観察していたところ、長年外反足と言われていた足をメンテナンスすることで踵の傾きについては改善してきていたのだが、踵が立ってくると前足部にも影響があって、親指側の接地が甘い、前足部内反という状態じゃないかと気づいた。右足は顕著だったのでとりあえず右だけ靴に細工をしたところ、歩き易くもなり、すねの筋肉痛もなくなったので良しとして、それで33㎞歩いたところ左足の膝周りの筋肉に痛みがでた。膝の内側を通る縫工筋・鵞足に痛みが出るというのは、歩いた時に膝がうちに入ってしまうことが原因で、ぱっと見てもわからないがこれもまた前足部内反?(疲労による過回内?)かもしれないと思い、左の靴にも細工をして当日に臨んだのである。
当日、縫工筋に違和感が残っていたので太腿前側の筋肉を緩めるというテーピングをしてみて足が軽くなったと思ったのでそれで歩いていたのだが、40㎞手前くらいからハムストリングス(太腿の後ろ側の筋肉)の緊張?で膝が伸ばしづらくなってきて、これはもしやテーピングの影響かと思いはずした。その時ははずした方が楽と思ったがどうだったのだろう。後側だけ過負荷に感じられたのは、テーピングのせいだったのか、膝が過伸展している日頃の姿勢のせいなのか、靴のクッション性なのか、このへんはまだ勉強が必要である。いずれにしてもテーピングは余計だったかもしれない。69㎞歩いた後には、33㎞歩いたときにでた左足の不具合はでなかったので靴の調整に関しては機能したと言ってもよいと思う。たぶん大丈夫だとは思うが根本的に靴がおかしいということはないのか今度市販の靴で検証してみよう。

幸か不幸か変な足(脚)をしているせいもあって課題は尽きない。日常の範囲では困ることはないけれども100㎞歩こうとするといろいろと改善(筋力不足も)が必要なようで、嬉しいような悲しいような。

はだかの王様

たとえば誰かがこれは立派なお洋服ですだとか云っても、それはその人の見るところで、私の参考にならない事はないにしても、私にそう思えなければ、とうてい受け売りをすべきものではないのです。人の意見を鵜呑みにしていてはいつまでたっても不安です。いったい私はそれがよいものであるとか、そうではないとか、どうやって判断しているのか、あるいは判断したらよいのか、己の立脚地を堅めるため、いや堅めるというより新たに建設するために、服でも作って足元以外から足元を考えてみよう、と思いました。

夏前、まずはじめに履いたことのない太いパンツはどんなものかと、麻の生地で作ってみます。軽い、涼しい。すばらしい心地よさです。もう一枚薄手のコットンがあったので、もういっちょ作ってみます。太めのパンツは暑い時によいなぁ、とてもいい具合です。調子に乗って薄めのデニムでも作ってみます。短パン用に用意していた生地なので丈が少し短く、この形状にしてはハリがありすぎて何かがおかしい。長さと太さのバランス、生地と形状のバランスは難しい、先の2本はまぐれ当たりだったかもしれない。調子こいてはいけない。
次に、下半身太めならAライン?シャツは細身で作ってみます。ひとつめは生地が厚くて重かったので冬まで放っておくことにします。夏ならやっぱり白い麻。白シャツは何枚かあるので、スタンドカラーにしてみるもしっくりこない。丸襟に交換してみてもピンとこない。なのでもう一着。やっぱり襟は普通の、でも生地は大事というところで、生地を探して、よーし、なかなかよいのができたのではなかろうか。
涼しくなったらワークジャケットみたいなのがあるとよいなと、ヴィンテージものの画像を参考にしたりして、ヒッコリーデニムで作ります。結構暖かい。気温が20度切ってもバイクでも大丈夫。いろいろとちょうどよろしい。

そんなこんなで、余った生地で帽子も作って、何とも知れないものを着せられるよりは確からしいものがあるでしょう?とルンルン気分でいたものの、後日、新しく出来た蔦屋書店にいってみるとヴィンテージワークウェアの本が何冊もあって、なーんだ、知らぬうちに時流に乗せられていただけなのか、自由意志というのはやっぱり幻想なのかしらんと、少しあやふやになってしまいます。

そんなところにZ○Z○SUITのニュースが飛び込んできて、未来が垣間見えたような気がして即注文してしまった。一月たつけどまだ届かない。

 

話にオチがないと突っ込まれたので

教室で、今日通勤途中に4人も黒人の方を見かけたよというのを話したところ、それだけ?と突っ込まれたのでした。最近はそれほど珍しいことではなくなったにしても、それぞれ違う場所で、ドレッドヘアだったり天然パーマでロング?だったり、今日は次から次によく見かけるなあと思いながら出勤したのでした。

話にはオチが要りますよと言われ、オチねぇと考えていたら、とある曲が脳内で再生されてきました。
ああそうか。

昨晩、家でテクトラムというエアプランツが行方不明になる事件があったのです。いつもトイレの窓際においてあって、先週は台風の強風で飛ばされて便器で水没していた事件もあったのですが、昨日も一昨日も大して風など吹いてなかったと思うのにふと見ると所定の場所にいない。便器内にもその周りにも見当たらない。妻にも3回くらい確認したところ「私じゃない」と確信を持って言います。起き抜けに気づかずフラッシュしてしまったのだろうか、1年以上その場所で、調子よく大きくなっていたのに、下水に流してしまったとあっては不憫なことこの上ない。

「いつでもさがしているよ・・・そんなとこにいるはずもないのに・・・」
山崎まさよし One more time, One more chance

在りし日のテクトラム。


 

オイラーこわい


狭所用オイラーというのを見つけて、おっいいねと買いました。先端が細長い油をさす道具で、ネジで滴下量まで調節できます。持っているミシンオイルの容器では届かなくてスルーしていたところも、すみずみまで注油します。すると、かつてないほどの滑らかさでミシンが動く気がします。滑らかに動くミシンはすこぶる気分がよく心地いいものです。もっと注油したいという「衝動」がおきて我ながらびっくりします。そうか、ミシンをしこたま動かして何か作れば、ミシンも動かせるしメンテナンスの理由もできるし、と、色々次から次に作ってみます。さてここにきて、あれっ?となりました。
注油させられる→ミシン踏まされる→何かできる→注油させられる・・・
身を任せると抜けられない無限ループ。回し車とハムスターのようですが、なーんだこれでよかったのか。
送料込で100円しなかったのに(謎)、オイラー恐るべし。

快適に歩くことについて

今年の4月頃、足と姿勢に関するとある講座を受講しました。その日は朝から夕方までみっちり、足のコンディションを整える手法について習いました。それから一週間くらいは、歩いているときの足裏の感触が柔らかく、ちょっと極端な表現をしますと、まるで絨毯とか芝生の上を歩いているような感じでした。今までこんなポテンシャルのあった足を知らずにいたのかと愕然としました。しかも靴の履き心地までよくなって、今更ながら自分の足もなかなかいいじゃないかと歩くのが楽しくなったのでした。
靴を作り始めてから何人かの足の専門家の人に、私の足は外反足であり大抵の場合は大人になってからは治らないだろうと言われていました。今思えば専門家として統計的な話をしただけなのでしょうが、聞いている方としては絶対的なこととして受け取っていました。このことに関しも、まだ改善の余地がありそうということを教えてもらって、その後4ヶ月ほど個人的にメンテナンスを継続していますが少しだけですが改善が見られます。
こんな足に対してどんな靴をもってしたら具合が良いのかということばかりに囚われていましたが、実は自分の身体のほうにも改善の糸口はあったのでした。

ワラーチ・ワークショップ

Huarache (running shoe)
タラウマラ インディアンからアイデアを得た走るときのサンダル。

ワラーチとは、踵周りと足の甲の上を通すストラップによって、靴底を履く人の足に固定する屋外用の履物です。このサンダルはメキシコの伝統的なワラーチの変種で、デザインと作り方に違いがあります。
これらのサンダルはいくつかの理由によりミニマリスト・ランナーに好まれています。これらは足とランナーから自然な足取りでの走りを引き出します。また足を、ガラス、石ころ、ゴミなどから守るのに役立ちます。

記載内容の根拠については追加の情報源が必要ともありますが・・・
wikipedia
からの引用で、わたしなりの翻訳です。


開催日: 7月9,15,16,17,23,30日
時 間: 15時〜
参加費: 3800円(参加費・材料費込み)
所要時間: 1〜2時間

 

れいせん荘ピクニック2017・春


今回はワラーチワークショップを開催しました。
個人的には簡単な割にクツにはない履き心地で目からウロコなワラーチでしたが、参加者の皆さまはどうだったでしょうか?
作っている合間に足についての疑問・質問もあり、足を意識されている方が多かったです。
陸上部での裸足トレーニングの話、ハンマートゥの自己回復の話など伺うことができました。
「かわいい」とか「ノーガード感がハンパない」とか「キャンプによさそう」とか「洗える!」などなど感想もいただきました。
今後も足意識向上のお役に立てたら嬉しいです。

なるほど

クツ学校の初日に見たドキュメンタリーを見つけて、いろいろ気になって何回か見る。
「ミンゲイソタ ミネソタの陶工、ウォレン・マッケンジー」

柳宗悦、バーナード・リーチも訪れたという小鹿田の1960年代の映像があることをひょんなことから教えてもらう。

細野晴臣のラジオ番組Daisy Holiday!を聞いてたらゲストが中沢新一。
ポケモンの話から始まる。ゲームは自然力の化身であるポケモンとの交流であり、エネルギーについて考えだすと「核」にたどり着く人間の脳の必然性とか、そういったことも含めて自然との調和がテーマになっているんじゃないかという、深読みしすぎとは言ってたけど・・・興味深い。最新作サン・ムーンが大傑作だそうです。
ちょっと脱線しました。

で、中沢さんつながりでレヴィ=ストロース「野生の思考」、年末にNHKで紹介されていたらしい。とりあえずテキストを読む。ミンゲイソタでもピンときてなかったところ含め、いろいろとすっきり説明されてしまった。恐るべしレヴィ=ストロース。

ひとまず、ブリコラージュとポイエーシスがキーワード。

「ブリコラージュ」 ありあわせの道具材料を用いて自分の手でものを作ること
「ポイエーシス」 あるものを自分の目的のために変形して使うのでなく、その物の中にすでに存在する形を外に取り出す

こういうのから生じる揺らぎは楽しい。

一部抜粋だとちょっとずれるかな?河井寛次郎「手考足思」から。

私はどんなもののなかにもいる
立ち止まってその声をきく
こんなものの中にもいたのか
あんなものの中にもいたのか

コントロールできないのにまとまったりする、頭で考えた想定外のことが現れる。そんなのが面白い。


というのを書いてる途中で、昨日、胃カメラの後ぼんやりセレクト本屋?に入ったら、あっちを見てもこっちを見ても柳宗悦、河井寛次郎、中沢新一、レヴィ=ストロースの本がパっと目に飛びこんできた。
なんともタイムリーだった。

そこも自分次第というところで・・・

お正月、突き刺さるおみくじがでた。第47番中吉。
いろいろ思い当たる。

ながむれば ながむる花の あるものを 空しき枝に うぐいすのなく

足にもクツにも関係ないことばかり書いているので
個人的なことだけれども、たまには足のことでも書いてみよう。

恥ずかしながら
クツをつくるようになるまでは、ほとんど気にしたことなかった足。
ご覧の通り、
踵の骨が傾いていることで形状が少々おかしなことになっている。
とある機会に足の専門家に見てもらったことがあって
当時あった背中の痛みは、足の加減が左右で異なることで腰骨が傾いているからと教えてもらった。
インソールもいろいろ試してみたりしたが
今は自作のクツを履いていれば特に問題はない。
自分の分の履き心地に関しては、これでよかろう、
と思えるところまで、ようやく来たかな。
(治療目的にひとのクツなんて作れません。ただの個人談です。)

ただ住んでいたところの近くにクツ教室があって
どんなものかと思って通ってみたのがきっかけだったけど
ついに、吾唯知足(われ、ただ、たるを、しる)、満足。

なーんちゃって。

たぶんラッキーなこと

振り返ればその日は午前中からそんな感じだった。
音楽教室にも通っているMさんから
インク飛び散らかしただけみたいな即興の楽譜があって、とかいう話がでる。
午後から階下のレンタルスペースで即興芝居(インプロヴィゼーション)があることになっていたのでそのことを伝えると
そう!インプロ!インプロ!となり、しばしインプロ話。
午後も、即興と日常は何が違うんでしょうねという話がでつつ
夕方届け物を受け取って革に穴を開けるためにバンバン音を出していたら
しばらくして芝居をしている方が訪ねてきた。
いいタイミングで音がした、
芝居では死んだおじいさんがお迎えに来た音になったけど
なんの音だったのか気になって聞きに来ました、と。
タイミングのいいことがあるとテンションあがりますなぁということで
意味があるのかないのかわからないが、ここに記す。

something invaluable

教室に来ている人がわりと口にする

「あれって*万円する価値あるんですかね?」
とか
「買ったら*万ですよ」
とか

くらべるのはどうかというのはおいといて
価値あるものができているということでいいのかな

「この前作ったのすごい褒められました」
とか
「めっちゃ好評でした」
とか

本人にとっても予想以上、のように聞くのは嬉しいことである

つい評価は外部に求めてしまうけれども
そうじゃないところになにかが見つかったなら、しめたものじゃないかな

あけましておめでとうございます

またもや放置中のブログですが、年始というのをきっかけに・・・

正月、2歳の姪っ子が工房に来たときに
ホック式のネックレスをプレゼントしたところ
そのホックを自分でとめれるようになったらおおはしゃぎ
なにかができるようになることは、たいへん喜ばしいことでありました

姪っ子のお父さん
「最近何もつくってないから世界が灰色だよー」
なにかをつくることは世界に彩りを添えることでありました

今日から教室でしたけど
今年も一緒に何か発見(ぴったりする言葉がみつからない)するような時間が
持てたら嬉しいです

本年も引き続きよろしくお願い申し上げます